読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pragmatic ball boy

iOSを中心にやってる万年球拾いの老害エンジニアメモ

独自のNotification名を追加

独自のNotification名を追加する場合はこんな書き方がよいような気がします。 extension Notification.Name { struct AppName { public static let DidLogin = Notification.Name(rawValue: "com.example.appname.didLogin") } } 通知名の文字列には通知名の…

SwiftでKVOするときはObjective-Cのプロパティ名を使う

当たり前といえば当たり前なんですが、 iOSのKVO(addObserver(_:forKeyPath:options:context:))はObjective-CのNSObjectのメソッドなので、指定するkeyPathはObjective-Cのプロパティ名じゃないとだめです。 例えばUIViewのisHiddenをKVOしたい場合は↓のよう…

TwitterKitを使ってログインするときの注意点

TwitterKitを使ってログインするときの注意点を2点 1. Twitterアカウントを登録しているかで挙動が変わる TwitterKitを使ってTwitterログインするときに、TwitterのアカウントをiOSに設定しているかどうかで挙動が変わります。 (2017年1月時点) iOSの設定…

Swiftでの複数にデリゲート multicast delegate

Swiftにはweak reference arrayがないので、NSHashTableを利用します protocol SampleDelegate : class { func sampleDelegateDidFinish() } class SampleClass { let delegates = NSHashTable<AnyObject>() // AnyObjectをSampleDelegateにするとSwift3時点ではコンパ</anyobject>…

Swift3.0.1で若干変わったIntなどの数値型⇔AnyObjectのcast

Xcode8(Swift3.0.0)だと↓のテストは通るんですが、 import XCTest @testable import TypeTest class TypeTests: XCTestCase { func testType_WhenIntToAnyObject() { let intValue = ["hoge": Int(1) as AnyObject] XCTAssertTrue(intValue["hoge"] is Int) …

CGRectの新旧書き方対応表

古 新 CGRectGetWidth( rect ) rect.width CGRectGetHeight( rect ) rect.height CGRectGetMinX( rect ) rect.minX CGRectGetMidX( rect ) rect.midX CGRectGetMaxX( rect ) rect.maxX CGRectGetMinY( rect ) rect.minY CGRectGetMidY( rect ) rect.midY CGR…

動画のフォトアルバムへの保存

動画のフォトアルバムへの保存 iOS8まで import AssetsLibrary ... ALAssetsLibrary().writeVideoAtPathToSavedPhotosAlbum(filePathURL) { _ in // 完了後の処理 } iOS9以降 import Photos ... PHPhotoLibrary.sharedPhotoLibrary().performChanges( { PHAs…

UITableViewCellのセパレーターを消す

セルのセパレーター消すやつ override func awakeFromNib() { separatorInset = UIEdgeInsets(top: 0, left: bounds.width, bottom: 0, right: 0) }

RxSwiftでTableView その3

RxTableViewSectionedReloadDataSourceでは複数Sectionに対応できましたが、 Section単位でreloadData()がされてしまっていました。 今回はRxTableViewSectionedAnimatedDataSourceを使ってみます RxTableViewSectionedAnimatedDataSource ViewControllerはR…

RxSwiftでTableView その2

rx_itemsWithCellIdentifierではSection1つしかダメでした。 複数Sectionを使う方法としていくつかあるっぽいのですが、 まずRXTableViewSectionedReloadDataSourceを使ってみます。 RXTableViewSectionedReloadDataSource これはRxSwiftには含まれておらず…

RxSwiftでTableView その1

RxSwiftでTableViewとdatasourceをbindingさせる方法はいくつかあるようなので1つずつ見ていきます。 今回はrx_itemsWithCellIdentifilerを使ってみます。 rx_itemsWithCellIdentifier 単にSectionが1つのリストをTableViewに表示するだけであればrx_itemsWi…

SwiftLint

Swiftでコーディング規約に沿っているかチェックするツールにSwiftLintというのがあるのでつかってみました。 SwiftLintではコーディング規約としてGithubのSwift style guildeを使っています。 使い方 $ brew install swiftlint XcodeでSwiftLintをかけるプ…

RxSwiftでログイン画面のサンプル実装

ユーザー名とパスワードを規定の文字数以上入力するとログインボタンが有効になるViewControllerをRxSwiftを使って実装してみました。 SwiftBondしか使ったことなく初めてRxSwiftを使ってみた感想としては、RxSwiftのほうが似たようなものがたくさんあり学習…

iOSでSlackのWebSocket疎通まで

やること iOSからSlackのWebSocketを使ってメッセージのやり取りをできる状態にする 事前準備 redirect urlを用意せずにモバイルアプリ単体でアクセストークンを取得するのは無理っぽいのでとりあえずテスト用のを使う テスト用のアクセストークンの取得 htt…

コード行数の測定

Swiftでコード行数を測ろうとツールを探していたらclocというのがよさげでした インストール インストール方法は思ったよりたくさん用意されていてlinux系だけでなく、node.jsやhomebrew, macports用のも用意されていて、WindowsやMac環境でも楽にインストー…

WebP.frameworkの作成方法

libwebpをclone > git clone https://chromium.googlesource.com/webm/libwebp 最新のをcheckout > git checkout 0.4.4 iosbuild.shを実行 > iosbuild.sh iosbuild.shでautomakeがないとか怒られた場合は以下を入れる Command line tools > xcode-select --i…

SwiftでUnitTest時に環境変数で分岐させる

テスト対象を@testable import XXXXを使ってimportした場合に、テスト対象のコードをテスト時だけ分岐させて特定の処理を行わないようにしたりしたい場合の対処方法です。 方法としては、環境変数がセットされているかどうかでテストかどうかを判定します。 …

UnitTestでNSUserDefaultsに保存したデータを消す方法

UnitTestだとremoveObjectForKeyや NSUserDefaults.standardUserDefaults().removeObjectForKey("key") resetStandartUserDefaultsを呼んでもデータが消えません NSUserDefaults.resetStandardUserDefaults() 解決方法 setObjectでnilを突っ込む NSUserDefau…

Swift Bond v4

Swift BondがSwift2.0に対応し、更にインターフェースが大きくかわりv4としてmasterに統合されました。 主な変更点としては、 クラス名を刷新 これまではBond、Dynamicといった意味不明なクラス名がObservable, EventProducerに変わりわかりやすくなりました…

Swift2でsubstring

Swift2(beta6以降)でadvance()が廃止され、BidirectionalIndexTypeなどにadvancedBy()が追加されたました。 書き方は以下の様に変わります Swift1.2 var text = "123456" text = text.substringFromIndex(advance(text.startIndex, 3)) // "456" Swift2 var …

Swift2でArrayにArrayをinsertする

これまではsplice:atIndexでしたが items.splice(insertItems, atIndex: items.endIndex) Swift2(beta6以降)からinsertContentsOf:atに変わりました items.insertContentsOf(insertItems, at: 1) 例 var items = ["a", "b", "c"] let insertItems = ["1", "2…

Swift2でStringを指定した文字で分割

beta5でsplitの仕様がちょっと変わり、以下のようにすることで文字列を分割できます。 let string1 = "hoge" let string2 = string1.characters.split("o").map{ String($0) } // [h, ge] Swift2からStringはCollectionTypeではなくなり、Stringの保持するch…

SwiftでArray内のOptionalをunwrapする

なにを言っているのかよくわからないタイトルになってますが、 Array<T?>をArrayにする方法です。(Swift1.2以降) いろいろやり方はありますが、一番手短にかける方法は このようにflatMapにかけるだけ let array1: [String?] = ["1", nil, "2"] let array2 = arr</t?>…

Swift2でのbitmask

Swift2からRawOptionSetTypeがOptionSetType (OptionSetType Protocol Reference) に変わったため、 例えばUIViewAutoresizingの場合、 これまでは view?.autoresizingMask = UIViewAutoresizing.FlexibleWidth | UIViewAutoresizing.FlexibleHeight だっ…

Swiftで引数リスト(CVaListPointer)の渡し方

SwiftからObjective-Cのメソッドを呼ぶ際に、引数が引数リスト(va_list)の場合、Swiftでは型が以下のようなCVaListPointerになります。 class func raise(_ name: String, format format: String, arguments argList: CVaListPointer) 結論からいきますと…

xcodebuildでdevice向けのビルドするときのdestinationの指定方法

以前xcodebuildのパラメータの指定方法についてこちらに書きました。 Travis CIでObjective-C/Swiftのテストを実行する - Pragmatic ball boy テストするときはシミュレータを指定するのでこれで問題ないのですが、 実機向けのstaticライブラリを用意したり…

SwiftでUnitTestするときに"Use of undeclared type"になる場合の対処法

テストを実行するとこういうエラーがでることがあると思います。 Use of undeclared type 'Todo' does not have a member named 'todo' import XCTest import TodoApp class TodoTests: XCTestCase { var todo: Todo! override func setUp() { super.setUp()…

Travis CIでObjective-C/Swiftのテストを実行する

[環境]Xcode 6.1 Swift,Objective-Cどちらの場合でもこの方法でいけるはずです。 Travis CIにドキュメントが用意されていますが、xctoolを使った例が示されているので無視したほうがよいです。xctoolはAppleが用意した標準のビルドツールではなく、Facebook…