読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pragmatic ball boy

iOSを中心にやってる万年球拾いの老害エンジニアメモ

Git

オープンソースバージョン管理システムでよく見るようになったGitをようやくちゃんと勉強してみました。

これまでは会社独自開発の集中型のバージョン管理システムを使ってきていまして、
このGit(ぎっと)は分散型で最初ちょっと理解に苦しみました。
というのも、「インデックス」というものが集中型にはないので、なんぞこれと
悩んだわけなんですが、じっくり本を読んだらようやく理解できました。

簡単に言うとコミットする前の仮のローカルコミットみたいなものだなというのが
自分の理解なので、これが他の人に通じるのかはなぞです・・

Gitは分散型のメリットもありますが、共有の仕組みも結構簡単に構築できてしまいそうなので、さっそく構築してみようと思います。

この本については、なんらかのバージョン管理システムを使ったことがある人であれば、わりとさっくりと読めて、第二章の基本概念のところをしっかり理解しておけば、あとは斜め読みして、使いながら覚えていけばよいかなと思われます。