Pragmatic ball boy

iOSを中心にやってる万年球拾いの老害エンジニアメモ

C#の本を色々読んでみた

C#でプログラミングするにあたって読んでみた本です。
C++,Javaが書ける人が読んだ感想です。

プログラミングC# 第5版

広く浅い内容の本。
浅すぎるので、ごく初級向け。C++とかJavaの経験がある人はさらっと立ち読みすればよいレベルではないかと
LINQはとりあえず使わないので読み飛ばしたからかもしれませんが、正直必要ない本に感じました。

Effective C# 4.0

正直思ったほど役に立つことが書いてなかった気が。。
読んで損はないと思いますが必読とも思えない。余裕があれば読むといい
これを読むくらいなら下のクックブック読んだほうがいいと思いました。

C# クックブック 第3版

読んでいると、あーこれこれというようなものがたくさん載っているし、
サンプルコードも美しいかかれ方をしているのでとても参考になります。
実装するうえでは必読な感じがしました。

C# 4.0 in a Nutshell

英語ですが、プログラミングC#と比べて深いところもある程度カバーされているので、
これさえ読んでおけばひと通りプログラミングに支障はないと思います。


ということで、結論としては、 C# 4.0 in a NutshellとC# クックブックを読んでおけば事足りる。Effective C#も余裕があれば読んどくとよい。 あとはMSDNC#関連の資料に目を通すといったところでしょうか。