読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pragmatic ball boy

iOSを中心にやってる万年球拾いの老害エンジニアメモ

アジャイルサムライ読書会 横浜道場 第三回に参加してきた

アジャイルサムライ読書会 横浜道場 第三回に参加してきました。

私としては第一回、第二回と連続参加になります。

今回は前回と引き続き、5分の輪読+10分のディスカッションを何セットか行い、最後に書くテーブルでまとめを言うという形式でした。

各テーブルはスタッフ+4〜5名で構成され、4テーブルにて行いました。

今回は第二章の始めから開始しました。


第二章は個人的にはアジャイルサムライの中でも最も重要なところの一つと思っている「自己組織化」について触れている章であります。

ここではアジャイルチームとしては職能横断であることや同じ職場で働くことなどが必要であるとあげられていますが、なぜそういったことが必要なのかといったことを議論していくうちに少しわかってきました。

チーム内でお互いをよく知るには同じ職場にいることが近道だし、職能横断であることでお互いに助けあったり、更に深く知ることもでき、それらの積み重ねによりチーム内での信頼が生まれ自己組織化に繋がるのではないかと感じました。
アジャイルなチームの構築には地味ですけどこうした継続的な努力が必要ですね、アジャイル全般に言えることでもあるかもしれませんが。


横浜道場は今回も初参加というかたもたくさんおられましたし、
だれでもウェルカムな雰囲気なので是非興味のあるかたは一度来られてみるといいと思います。

第三回では2章は終わらなかったので次回は2章の途中からになると思われます。