読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pragmatic ball boy

iOSを中心にやってる万年球拾いの老害エンジニアメモ

iOSでOCMockでテストする【環境構築】

Objective-C用のMockライブラリ OCMockを使うための環境構築

環境:
 Xcode 4.3.2
   OCMock 2.0

まずここからダウンロード。(ソースコードからやるやり方は後日追記予定)
http://ocmock.org/

"Download"のタブからdmgファイルをダウンロードします。
http://ocmock.org/downloads/ocmock-2.0.1.dmg (2012/06/24現在の最新)

ダウンロードしたら開きます。
展開されて、iOS, OSX, Source の3つのディレクトリが現れます。

iOSを開きOCMockのディレクトリをドラックアンドドロップでプロジェクトに追加。

libOCMock.aも同じくプロジェクトに追加。(ここではOCMockディレクトリ内に入れます)

そうするとこのようになるはずです。(注:プロジェクトに追加する際に、Copy items into destination ...にチェックいれるのを忘れないこと)


TargetのBuild Phasesのタブを選択し、Link Binary WIth Librariesのセクションを開きlibOCMock.aを追加します。

#import OCMock.h>を発見できるように、<div> Build SettingのHeader Search Pathに$(SRCROOT)を追加。

ライブラリをリンクするために
Build Settingのother linker flagに -ObjC -force_load $(SRCROOT)/OCMock/libOCMock.a を追加。
以上で環境設定は完了です。

試しにテストコード(SenTest)に

#import < OCMock/OCMock.h>


- (void)testExample
{
    id tableViewMock = [OCMockObject mockForClass:[UITableView class]];
}

を記載して、Cmd + Uでテストを実行してみましょう。