読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pragmatic ball boy

iOSを中心にやってる万年球拾いの老害エンジニアメモ

Genymotionのインストール

手元にAndroidデバイスがないけどちょっとエミュレーターで動かしたい場合に、通常のエミュレーターだと遅すぎて使い物にならないのでGenymotionを利用しています。

インストールした時の手順のメモです。

Genymotionのダウンロードとインストール

ここからダウンロード(要Login)

Genymotion

ダウンロードしたdmgファイルを開き、GenymotionとGenymotion ShellをApplicationフォルダにドラックアンドドロップ

VertualBoxのダウンロードとインストール

ここからダウンロード

Downloads – Oracle VM VirtualBox

ダウンロードしたdmgファイルを開き、VirtualBox.pkgをダブルクリックするとインストーラーが立ち上がるのでポチポチ押していけばインストールが完了します。

Genymotionの起動

ApplicationフォルダのGenymotionを開きます。

"You do not have any virtual device yet. Do you want to add a new one?" とダイアログが出るのでYesにします。

virtual deviceが何もない状態なので、下のピンクの枠をのSign inクリックしてログインします。

f:id:yanamura:20150104121435p:plain

ログインすると下のようにvirtual deviceが取得され利用できるようになります。

f:id:yanamura:20150104120806p:plain

あとは使いたいdeviceを選んで、nextを押していくとOK

そうするとvirtual deviceが作成されます

f:id:yanamura:20150104121027p:plain

上のスタートボタンを押すと起動します

一瞬で起動するのでデフォルトのエミュレータとの差は雲泥の差ですね

参考

ユーザーガイド Genymotion